【2012 オーパス・ワンについて】

夏に向けてダイエットしよう!!>>>千葉ダイエットジムを比較できるサイト
博士が教えるサプリメント選びと通販!

オーパス・ワンとは、カリフォルニアワインの銘柄の名称ですが、
オーパス・ワンには、音楽用語でいうところの、「作品番号1番」という意味が有ります。

オーパス・ワンは、1979年、アメリカのモンダヴィと、フランスのボルドーのフィリップ・ド・ロートシルトの共同会社が設立された際に、
「カリフォルニアワインのナンバー湾を目指す」という意味も込めて、高らかに、「作品番号1番」を意味する、
オーパス・ワンという名称のワインとして、大々的に売り出されました。
そして、オーパス・ワンは、発売から瞬く間に世界を席巻し、あっという間に、
カリフォルニアワインのみならず、世界を代表するワインの一つとなりましたが、
それは偏に、オーパス・ワンというワインの味わいが素晴らしく、
ワインとして、非常に優れているという理由あってこそなのです。

そのオーパス・ワンの中でも、近年、最も当たり年と言われているのが、2012年のオーパス・ワンです。
2012年のオーパス・ワンが、それだけ評価が高い理由としては、
オーパス・ワンの原料である、カベルネ・ソーヴィニヨン種のブドウ作柄は、「破格」と評されるほど、
最高に出来栄えが良い年だった、という事が挙げられます。

いくら、オーパス・ワンの味わいが素晴らしいとはいえ、原料であるブドウの出来が良くなければ、
残念ながら、その味も落ちてしまう事になってしまいますが、
前述の通り、2012年のオーパス・ワンの原料のブドウは、抜群の出来だったわけです。

ちなみに、2012年のオーパス・ワンは、非常に人気が高く、
全てのワインの中でも、検索数はベスト10に入っているとの事です。

また、2012年のオーパス・ワンは、最安値が3万4000円ほど、という事ですが、
18本ボトルのセット販売なども有り、どちらも、人気を集めています。

なお、2012年のオーパス・ワンの飲み頃は、2016~2040年との事で、
今まさに、飲み頃を迎えているという事になりますが、

近年のオーパス・ワンの中でも、出色の出来である2012年のオーパス・ワンを、
是非とも、味わって頂ければと思います。